仙台のお祭りやイベントには色々な地域から人が集まる

家族と一度は見たい仙台のお祭り

仙台のお祭りイベントを紹介

仙台は、東北地方でも有数の文化が残る街です。
歴史的にも見ても、江戸時代に伊達氏がここに拠点を移してから、急激に栄えた城下町でもあります。江戸時代から約400年以上も経つ歴史的な経緯もあり、現在においては多くの華やかな祭りが存在します。全国的に有名で賑わう祭りがある他、仙台地方の各地における独特の行事や小規模の祭りが催されているなど多彩で数も豊富です。

その中でも有名な祭りには、8月の初頭から1ヶ月ほどかけて開催される仙台七夕祭りがあります。一般的には7月7日に合わせて6月の後半から7月の頭まで行なわれるのが通例ですが、仙台では旧暦の8月に合わせて開催されるのが特徴です。

この祭りが開催されている期間中は、街全体が盛り上がっています。日本全国における七夕祭りの発祥とも深い関係もあるとされ、また仙台の初代藩主・政宗公が婦女子文化の向上のためにも奨励した、歴史と由緒ある行事です。

またそれと共に催される花火大会も、歴史こそ浅いものの毎年人気です。大勢の観光客で賑わい、テレビのニュース等でも報道されているのでご覧になった方も多いのではないでしょうか。仙台の祭りはそれだけでなく、まだまだ一年を通して沢山の催し物があります。

みちのくYOSAKOIまつりは、沢山の踊り手が民謡に合わせて踊る、仙台の一大イベントの1つです。毎年10月の体育の日に開催され、計2日間行なわれるこのお祭りは仙台市内だけではなく、全国各地からファンが観光に訪れます。ステージ形式になっているため、チームごとで踊るよさこいは迫力が違います。

参加者は北は北海道から西の関西にまで広がり、平成20年には来場者数が約75万人となりました。8月の風物詩といえば、広瀬川灯ろう流しは欠かせません。約3000個の灯篭が広瀬川をオレンジ色の明かりで灯します。藩政時代からの歴史あるイベントですが、現在も毎年8月20日に行なわれ老若男女が集まり賑わいを見せます。

その他にも、松焚祭、仙台初売り、青葉祭り、すずめ踊り、定禅寺ストリートジャズフェスティバルがあります。松焚祭は、毎年正月過ぎに行われるイベントで、江戸時代から行われていた仙台独特の風習です。1月2日に開催される仙台初売りは、300年以上の歴史を誇る仙台商人の祭りで、豪華な景品や福袋等が当選するため、東北地方の各地から人が集まるほどの賑わいを見せる祭りです。

5月の初頭に開催される青葉祭りは、神輿や武者行列が練り歩く祭りで、期間中すずめ踊りが披露され5月の春先の風物詩です。定禅寺ストリートジャズフェスティバルは、9月中旬に開催される祭りでジャズやホップ、ロックといった今風な多彩な音楽が街中に響き渡る音楽祭です。

このように、仙台には一年を通して開催されるイベントが豊富で飽きが来ない行事が多いです。これだけのイベントやお祭りが盛りだくさんだからこそ、仙台は旅行者に人気が高いのだと思います。また、旅行者に人気が高い仙台の特徴で忘れてはいけないのが、仙台のデリヘルです。仙台は東北美人が集まるところです。ですのでデリヘルにも東北美人がたくさんおります。だからこそ旅行者に人気が高いのでしょう。これから仙台に旅行に行く人には是非体験してほしいです。

©2014 仙台はお祭りやイベントが豊富にあり旅行に最適です!